思いつくままに

思いつくままに書きつらねていたり、自作のss(小説)を上げていたりします。

*彼の苦手なもの

 目の前にいるヤギと対峙して彼は固まっていた。

「おなか、空いているみたいね。買ったエサ、あげるとどんどん食べてくれるわ。可愛い」

 私は一センチくらいしかない筒型の固形のエサを複数手の平に乗せ、ヤギの口元に近づけていた。ヤギはガツガツとあっという間にそれらを平らげる。

 周囲には何頭もヤギがいた。ここは子ども動物園。動物園内にある一角で、その区画内で放牧されているヤギにエサを与えたり、モルモットと触れ合うことができる場所だ。

 動物園自体、子ども向けの施設だと思う。しかし、私の地元にはなく、なかなか行く機会がなかったのだ。けれども今住んでいる市内にあって、私は様々な動物が見れるこの場所に行ってみたくて仕方なかった。そして彼と来たのだった。

 今いる所はさらに子ども向けの場所であるわけだが、ヤギにエサを与えたりモルモットと触れ合いたくて、やって来たのだった。

「あなたもほら、エサを与えてあげたら?」

「……やっぱり僕はいいよ。君があげるといい」

 彼はそう言うと私の手にエサを握らせる。

「そう。じゃあ私があげるね」

 私は彼の分のエサも寄ってきたヤギに与えた。ヤギはそれをあっという間に平らげさらに私へと寄ってくる。

「ごめんね。もう全部あげてしまったの」

 私はヤギの身体を撫でる。

「ねえ、あなたも撫でてみない? 可愛いわよ」

 彼にそう言ってみる。

「まあ、そうだね」

 彼はおずおずとでもいった調子でヤギの方へ近づき、少しだけその身体に触れた。しかしヤギが身じろぎするとすぐにその手を離す。

「もしかして、怖い?」

「……噛まれたらって思うとちょっとね」

「気をつければ大丈夫よ」

「まあ、そうなんだろうけど、がっつかれたらどうしようもないからさ。小学生の時、修学旅行で奈良公園の鹿に迫られて鹿せんべいと一緒に噛まれて以来、どうにも気が進まないんだ」

 珍しく怖々といった調子でヤギの様子を窺ったままそう話す彼。

 怖いとか苦手だとか口にしないけれど、きっとトラウマになっているのだろう。いつものように淡々としていながらもどこかその表情はこわばっていた。

「あなたにも苦手なものはあるのね」

「……」

「別に悪いことだとは思っていないわよ。ただ、なんだか安心したわ」

 黙りこくる彼に私は笑いかける。

「安心?」

「私から見てあなたはちょっと完璧過ぎたから、人並みに苦手なものがよかったなって」

「苦手なものはあるよりはない方が良いと思うけど」

「それはそうだけど。でも、誰しも苦手なものはあるものでしょう。人間だもの。だからあなたの苦手なものも知れてよかったなって。それに私ばかり苦手なものがあるのもあれだし……」

「虫を見たら叫び声を上げるところも方向音痴なところも理数系があんまりなところも朝が弱いところも君の個性だし、別にそれに対してどうこう言ったりはしないよ」

「うっ、そんな面と向かって挙げてくれなくてもいいのに……。それはわかってるけど、私なりに思うところがあるのよ」

 彼は自身に対しては厳しく、完璧主義者の癖に、他人にはとても寛容なのだ。無愛想で言葉尻がキツい時もあって冷たくみられがちだけれど、目に見えた愛想の良さだとかそういった振る舞いもできないタイプだけれども、とても優しい人なのだ。

 けれどもなんでも人並み以上にこなせる彼がちょっと完璧過ぎて。それに対して劣等感を覚えないわけでもなくて。だから彼にも人並みに苦手なものがあってホッとしたのだ。

「それはともかくとして、次はモルモットを触りに行きましょう!」

 私は気持ちを切り替えると、モルモットのいる建物の方へ彼の腕を引っ張った。

 

 

 

 

 

END.

君の髪

 彼女の髪は腰まで届くぐらい長く、ふんわりとゆるくウェーブがかかっていた。お風呂上がり等で髪が濡れている時だけはストレートになるが、それ以外は常時その髪は柔らかく波打っていた。

「これは天然パーマなの。だからみんなのようなストレートな髪は憧れ。たまに縮毛矯正しようかなって考えることもあるわ」

「今のままの方が絶対に良い。可愛いと思う」

「……即答されるとは思っていなかったわ」

 彼女は驚いたように僕のことをまじまじと見た。

「別に君の好きにすれば良いけど」

 僕はなんだかいたたまれなくなってしまい、視線を逸らす。天然パーマでロングなその髪型は彼女にとてもよく似合っていて、わざわざストレートにする必要なんてない気が個人的にはしていた。彼女自身もふんわりした雰囲気を持っているのだ。今のままがベストだと言えよう。 

「もう。すぐツンツンする。あなたが可愛いって言ってくれるから、縮毛矯正はしません。安心して」

 彼女はそう言って笑った。

 

 

 

 

 

 

 

END. 

 

 

 

                   

  

おでこコツン

 その日は朝から怠かった。

 寝不足で思考がはっきりせず頭が重い感じが午後になってもしていて、彼女の話もまともに聞けず反応も鈍くなってしまっていた。それ程ぼーっとしてしまっていた。

 午後、彼女は友人達と買い物やお茶をしに出掛け、このままではいけないと思った僕は休日なのをいいことに、その間ずっと一人ベッドで眠っていた。

 夕方、外に干していた洗濯物を取り込み、けれどもどうしても畳む気にはなれずソファにテレビも付けずぼけっと座っているところに彼女は帰ってきた。

 そのことに僕は気づいておらず

「ただいま!」

そうワッと驚かすかのように肩を押され、初めて彼女が帰ってきたことを知った。

「普段のあなたなら驚かす前に気づくのに……。何か考え事?」

「別に……。少し怠くてぼけっとしていただけだよ」

「大丈夫?」

 彼女がソファの前へと回り、僕の顔を覗き込む。

「顔、普段より少し赤いわ」

 彼女はそう言うと腰を屈め、僕と視線を合わす。彼女のぱっちりとした大きな目と合ったと思った瞬間

「!」

コツンと彼女は僕のおでこと自身のおでこを当てた。キスできそうなくらいの至近距離に彼女の顔がある。

 普段ちょっとしたスキンシップを取ろうとするだけでいまだに動揺し照れる癖に、彼女は時々とても大胆だ。おそらくそれは純粋に僕の身を案じてのことで、そういう意識がないからなのだろうが。

「熱い。やだ、熱があるじゃない。今すぐ横にならないといけないわ」

 おでこを離すとすぐさま彼女はそう言った。

「……おでこを当てて熱を計られるのは初めてだな。君はいつも具合の悪い人がいたらそうやっているのかい?」

「お母さんはいつもこうやってくれていてくれたから、家族に対しては私もそうしているわ。友達とかだとびっくりさせてしまうから手で触れるようにしているけれど」

 駄目だったかしら? と言いたげに彼女は首を傾げた。

 誰彼構わずやっていたわけではなかったようで、僕はほっとする。

 しかし顔が熱い。どきどきして余計に熱が上がりそうで、彼女の測定方法は正確性に欠けてしまうのではないか。

「本当に大丈夫? 夕ご飯は私が作るし、服も畳んでおくわよ。他の家事も全部やる。だからあなたは寝ましょう」

 無反応な僕を心配してか彼女はそう言った。そして僕の腕を掴み引っ張る。僕は立ち上がり、彼女にされるがままに寝室へと連行された。

 

 

 

 

 

 

 

END.

重ねた手と手

「あなたの方が大きい」

 真面目な面持ちで彼女はそう言った。

「男の僕の方が大きいのは当然じゃないかな」

 僕らは今、手首の位置を合わせ、お互いの手の平を重ね合わせていた。

「むぅ、それはそうなのだけれども……。でもこうして見るとやっぱり大きいなって。指も細くて長いし」

「君の手も綺麗だよ。色白でほっそりしているし、爪の色も形もいい」

「なっ……。わ、私を褒めても何も出てこないわよ」

 僕が純粋に褒めると彼女は照れた。かなり動揺したことも重ね合わせている手の震えから直に伝わってきた。

「指、あなたは人差し指より薬指の方が長いのね。私は人差し指の方が薬指より長いから、ずっと他の人もそうだと思っていたわ」

「人差し指と薬指の長さは胎児の時に、男性ホルモンと女性ホルモン、どちらを多く浴びたかで変わるらしいよ。だから男性は人差し指より薬指が長くて、女性は逆に薬指より人差し指の方が長い人が多いみたいだよ。もっとも男性でも人差し指の方が長いって人もいるし、逆に女性でも薬指の方が長いって人もいるみたいだけど」

 少し前に話題になっていて偶然知った知識を僕はそのまま話した。

「へえ、そうなんだ」

 彼女はそう感心しつつ、ぐっと人差し指と薬指を押しつけ違いを楽しみ出す。

「あ、あとあなたの手って私と違ってとても温かい。私の手は冷たくなっちゃうことが多いから、つい握りたくなるわ」

 今度は重ね合わせていない方の手も出し、両手で僕の手を握り締めながら彼女は言った。

「心は冷たいからかな? 君と違って」

手が冷たい人は心が優しいなんて通説が脳裏をよぎり、口にしてみる。

「またそんな捻くれたことを言う。けれどあなたは優しい人よ。私がそのことを一番よく知っています」

「……」

 動揺を悟られぬよう手を引っ込めたくなったが、彼女に両手でギュッと握られてしまい、離すことができなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

END.

      

*ほっぺぷにぷに

「ねえねえ」

 私は彼の肩を叩く。

「何だ……」

 振り返ろうとした彼の頬に刺さるよう、肩に置いた手の人差し指を彼の方へ向ける。

「……」

 私の指で彼の頬がぷにっとなる。頬を押されたままいつにも増して仏頂面になる彼。

「……」

 驚いたり慌てたり叱られたり何かしらのリアクションを期待していた私は戸惑う。指に刺されている頬を離すくらいの反応は欲しい。

 このまま頬をぷにっとされた彼と膠着状態を続けているのは気まずい。私は自ら手を引っ込めた。

「今のは何だったんだい?」

 淡々と彼は訊いてきた。

「あなたのほっぺ、ぷにってしたかったの」

「どうして?」

「ぷにってするの、柔らかくてなんだか良いし、どんな反応するのかな? って思って……」

 真顔で尋ねてくる彼に私は申し訳なくなりながら答える。ほんの冗談のような軽いノリでしたのだが、彼は気を害してしまったのかもしれない。

「ふぇ?」

 突然彼は私の頬を人差し指で刺した。立て続けに刺しぷにぷにし始めた。

「何するの!?」

「どんな感じなのかなと思って。……うん、確かに良い。ぷにぷに。柔らかいね」

 真面目な面持ちで、けれど心なしか興味深そうに私の頬をつつきながら言った。

「私がぷにぷにしたかったのに!」

 なんとか彼の指から逃れた私はつつかれまくった頬を押さえながら叫んだ。

 

 

 

 


END.

    

                   

 

お題配布元:TOY

*寝顔にキス※

 目が覚めた。意識するまでもなく開けた視界に真っ先に飛び込んできたのは彼の寝顔だった。

 薄暗さの中見える端正な顔は目を閉じたままで、ゆっくりとした寝息がわずかに聞こえてきた。

 安らかな顔。

 無防備ともいえるその表情に私は思った。

 彼より早く目覚めてしまうことはあまりなくて、こうして寝顔を拝めるのは珍しいことだった。

 触れたい。

 彼の寝顔を見ていたらそんな思いがこみ上げてきた。

 昨夜もたくさん触れ合ったのに、今日も、しかも朝から発情してしまうのはどうなんだろう?

 我ながら何とも言えない気持ちになったが、無性に彼に触れたくなってしまった。

 まだ寒くない時節ということもあって、昨夜は身体を重ねた後、お互いに裸のまま布団だけ被って眠ってしまった。だから彼に近づくため布団の中を確認しつつ動くと相手の素肌も目に入ってくるわけで、平常時に見るとなぜだかとても頬が熱くなった。

 布団の中で彼に跨がると私は上から顔を近づける。そしてそのまま唇に触れる。

 柔らかくて気持ちいい。軽く甘噛みしてから私は唇を離した。

 すると目が合った。彼と。彼の瞳と。

 あれ? さっきまで閉じていたはずなのに……。

「したくなった?」

「!」

 目が合っただけでなく喋った。

「お、起きてたの!?」

「唇に何か柔らかいものが当たってるなって思ったら君がキスしてた」

 私のキスで彼は目を覚ましてしまったのだ。

 もっと軽く触れるだけにすれば良かった。舌を入れるようなディープなことはしなかったが、欲が出てしまい唇で軽く噛んでしまった。きっとそれがいけなかった。

「し足りなかった?」

「そ、そんなことない。昨日も私は十分満足したわ。本当よ」

 私は首を横に振る。昨夜もまた半ば快楽に浮かされたまま、幸せな気持ちで眠りについたのだ。満足できなかったとかそんなことはない。

 ただ、一晩経って体力が回復しまたムラッときてしまったのだ。

「うん。僕も昨日は満足したよ。けど今、君を抱きたい。してもいいかい?」

 彼はどこかとろんとした無防備な表情でそう言った。

 こんなストレートに甘えたように告げてくるのは珍しい。いつも私よりも早くベッドを出ているが、実はとても寝起きが悪いのかもしれない。まだ寝惚けている分、欲望に忠実に自分を曝け出せているのかもしれない。

 そんなことを考えているといつの間にか体勢が逆転していた。ベッドに身体を転がされ、彼がそんな私の上へと覆い被さる。

 カーテンから朝日が透過されてきているため、薄暗いながらも彼の端正な顔が、細く引き締まった逞しい身体がはっきりと見えた。これからどんどんしっかりと見えるようになるのだろう。

 こういうのもいいかもしれない。

 彼が私に唇を落としてきた。私はそんな彼の首に手を回し、応えるようにキスした。

 

 

 

 

 

END.

 

 

 

 

 

彼女視点の話にはタイトルの前に*を、ちょっと大人めな話には※をタイトルの後に付けるようにしたいと思います。 

 

      

新しいもの

「わあ、安納芋まんだって。買っていかない?」

 コンビニエンスストアのレジ前にあるカウンターフーズを見た彼女は目を輝かせながらそう言った。

「君って新商品とか期間限定品とか、そういうの好きだよね。目がないというか」

 彼女はカフェとかで新作の飲み物やフードメニューがあれば必ずそれを頼み、この前は今と同じ安納芋のアイスを買って来たり、中華まんの話をするならば別にファンでもないキャラ物のも新商品として売り出されていれば食した。食べ物だけでなく他のものに対してもそうで、ジェルボール洗剤が出た時なんかは見つけた瞬間、何これ? どんな感じなんだろう? と興味津々に手に取りカゴの中に突っ込んできた。

「新しいものってなんだかワクワクするじゃない。食べ物だったらどんな味かわからないし。期間限定品もその時じゃないと買えないから、なくなる前に買っておかないとって思っちゃうのよ」

「けど新しいものってつまりは初めてのものってことだからその分失敗だったってなることもあると思うんだけど」

「それも含めて楽しむのよ。おいしかったらまた買おう! ってなるし、おいしくなかったら、これは自分の好みと合わないからもう買わない方がいいなって学べるし。失敗は成功の元。後世の知恵の一つとなるのです」

 彼女はそう言って笑う。そのポジティブさは僕にはないもので、相変わらず眩しい。

「後世の知恵にはならないと思うけど……」

「わ、私の知恵にはなるの!」

 突っ込む僕に動揺しながらも彼女は強く主張した。

 

 

 

 

 

「おいしい?」

 家に着き二人で買ってきた安納芋まんを食べていると、彼女は僕に訊いてきた。

「君はどう思うんだい?」

「おいしいわ!」

 彼女ははっきりと満足そうな笑みを浮かべながらそう断言した。

「それはよかったね」

「それであなたは?」

「……おいしかったけど?」

「じゃあまた買いましょう」

「もし僕がまずいって言ってたらどうしたんだい?」

「そしたら次からは私だけ買って、あなたのは別のを選ぶようにします。……でもあなたは芋系は好きだからそんなことは言わないでしょう?」

「僕に食べ物の好き嫌いは特にないけど」

「けど好きな物とそこまで好きじゃない物はあるでしょう?」 

「それはまあ、そうだけど……」

 だが具体的にあれが好きだとかこれがあんまりだとかを言った覚えはない。

「あなたと何年もお付き合いしているんだもの。今まであなたと色々なところに行ったり、物を食べたり買ったりしてきたから、あなたの好みはなんとなくわかるわ」

 どうしてそんなことがわかるのか? 声にしなくともそんな疑問が表情に出ていたらしい。彼女はそう答えた。

「ふーん」

 彼女はのんびりとしているようで意外とよく相手のことを観察している。僕のことをよく見てくれているとでもいうべきか。

 なぜか気恥ずかしくなって、僕はにこにこ笑っている彼女から視線を逸らした。

 

 

 

 

 

 

END.

 

 

 

これから突発的に500〜2000字くらいの短編をポメラで書いたら、まずブログに上げていくようにしたいと思います。

 

そして後々なろうとカクヨムに「彼らの日常風景」という短編集に追加していければなと思います。(現在カクヨムのみ。ただし一遍を除き、なろうには単体の短編として掲載済み。近々カクヨムと同じようにまとめるつもり)