思いつくままに

思いつくままに書きつらねていたり、自作のss(小説)を上げていたりします。

重ねた手と手

「あなたの方が大きい」

 真面目な面持ちで彼女はそう言った。

「男の僕の方が大きいのは当然じゃないかな」

 僕らは今、手首の位置を合わせ、お互いの手の平を重ね合わせていた。

「むぅ、それはそうなのだけれども……。でもこうして見るとやっぱり大きいなって。指も細くて長いし」

「君の手も綺麗だよ。色白でほっそりしているし、爪の色も形もいい」

「なっ……。わ、私を褒めても何も出てこないわよ」

 僕が純粋に褒めると彼女は照れた。かなり動揺したことも重ね合わせている手の震えから直に伝わってきた。

「指、あなたは人差し指より薬指の方が長いのね。私は人差し指の方が薬指より長いから、ずっと他の人もそうだと思っていたわ」

「人差し指と薬指の長さは胎児の時に、男性ホルモンと女性ホルモン、どちらを多く浴びたかで変わるらしいよ。だから男性は人差し指より薬指が長くて、女性は逆に薬指より人差し指の方が長い人が多いみたいだよ。もっとも男性でも人差し指の方が長いって人もいるし、逆に女性でも薬指の方が長いって人もいるみたいだけど」

 少し前に話題になっていて偶然知った知識を僕はそのまま話した。

「へえ、そうなんだ」

 彼女はそう感心しつつ、ぐっと人差し指と薬指を押しつけ違いを楽しみ出す。

「あ、あとあなたの手って私と違ってとても温かい。私の手は冷たくなっちゃうことが多いから、つい握りたくなるわ」

 今度は重ね合わせていない方の手も出し、両手で僕の手を握り締めながら彼女は言った。

「心は冷たいからかな? 君と違って」

手が冷たい人は心が優しいなんて通説が脳裏をよぎり、口にしてみる。

「またそんな捻くれたことを言う。けれどあなたは優しい人よ。私がそのことを一番よく知っています」

「……」

 動揺を悟られぬよう手を引っ込めたくなったが、彼女に両手でギュッと握られてしまい、離すことができなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

END.

      

*ほっぺぷにぷに

「ねえねえ」

 私は彼の肩を叩く。

「何だ……」

 振り返ろうとした彼の頬に刺さるよう、肩に置いた手の人差し指を彼の方へ向ける。

「……」

 私の指で彼の頬がぷにっとなる。頬を押されたままいつにも増して仏頂面になる彼。

「……」

 驚いたり慌てたり叱られたり何かしらのリアクションを期待していた私は戸惑う。指に刺されている頬を離すくらいの反応は欲しい。

 このまま頬をぷにっとされた彼と膠着状態を続けているのは気まずい。私は自ら手を引っ込めた。

「今のは何だったんだい?」

 淡々と彼は訊いてきた。

「あなたのほっぺ、ぷにってしたかったの」

「どうして?」

「ぷにってするの、柔らかくてなんだか良いし、どんな反応するのかな? って思って……」

 真顔で尋ねてくる彼に私は申し訳なくなりながら答える。ほんの冗談のような軽いノリでしたのだが、彼は気を害してしまったのかもしれない。

「ふぇ?」

 突然彼は私の頬を人差し指で刺した。立て続けに刺しぷにぷにし始めた。

「何するの!?」

「どんな感じなのかなと思って。……うん、確かに良い。ぷにぷに。柔らかいね」

 真面目な面持ちで、けれど心なしか興味深そうに私の頬をつつきながら言った。

「私がぷにぷにしたかったのに!」

 なんとか彼の指から逃れた私はつつかれまくった頬を押さえながら叫んだ。

 

 

 

 


END.

    

                   

 

お題配布元:TOY

*寝顔にキス※

 目が覚めた。意識するまでもなく開けた視界に真っ先に飛び込んできたのは彼の寝顔だった。

 薄暗さの中見える端正な顔は目を閉じたままで、ゆっくりとした寝息がわずかに聞こえてきた。

 安らかな顔。

 無防備ともいえるその表情に私は思った。

 彼より早く目覚めてしまうことはあまりなくて、こうして寝顔を拝めるのは珍しいことだった。

 触れたい。

 彼の寝顔を見ていたらそんな思いがこみ上げてきた。

 昨夜もたくさん触れ合ったのに、今日も、しかも朝から発情してしまうのはどうなんだろう?

 我ながら何とも言えない気持ちになったが、無性に彼に触れたくなってしまった。

 まだ寒くない時節ということもあって、昨夜は身体を重ねた後、お互いに裸のまま布団だけ被って眠ってしまった。だから彼に近づくため布団の中を確認しつつ動くと相手の素肌も目に入ってくるわけで、平常時に見るとなぜだかとても頬が熱くなった。

 布団の中で彼に跨がると私は上から顔を近づける。そしてそのまま唇に触れる。

 柔らかくて気持ちいい。軽く甘噛みしてから私は唇を離した。

 すると目が合った。彼と。彼の瞳と。

 あれ? さっきまで閉じていたはずなのに……。

「したくなった?」

「!」

 目が合っただけでなく喋った。

「お、起きてたの!?」

「唇に何か柔らかいものが当たってるなって思ったら君がキスしてた」

 私のキスで彼は目を覚ましてしまったのだ。

 もっと軽く触れるだけにすれば良かった。舌を入れるようなディープなことはしなかったが、欲が出てしまい唇で軽く噛んでしまった。きっとそれがいけなかった。

「し足りなかった?」

「そ、そんなことない。昨日も私は十分満足したわ。本当よ」

 私は首を横に振る。昨夜もまた半ば快楽に浮かされたまま、幸せな気持ちで眠りについたのだ。満足できなかったとかそんなことはない。

 ただ、一晩経って体力が回復しまたムラッときてしまったのだ。

「うん。僕も昨日は満足したよ。けど今、君を抱きたい。してもいいかい?」

 彼はどこかとろんとした無防備な表情でそう言った。

 こんなストレートに甘えたように告げてくるのは珍しい。いつも私よりも早くベッドを出ているが、実はとても寝起きが悪いのかもしれない。まだ寝惚けている分、欲望に忠実に自分を曝け出せているのかもしれない。

 そんなことを考えているといつの間にか体勢が逆転していた。ベッドに身体を転がされ、彼がそんな私の上へと覆い被さる。

 カーテンから朝日が透過されてきているため、薄暗いながらも彼の端正な顔が、細く引き締まった逞しい身体がはっきりと見えた。これからどんどんしっかりと見えるようになるのだろう。

 こういうのもいいかもしれない。

 彼が私に唇を落としてきた。私はそんな彼の首に手を回し、応えるようにキスした。

 

 

 

 

 

END.

 

 

 

 

 

彼女視点の話にはタイトルの前に*を、ちょっと大人めな話には※をタイトルの後に付けるようにしたいと思います。 

 

      

新しいもの

「わあ、安納芋まんだって。買っていかない?」

 コンビニエンスストアのレジ前にあるカウンターフーズを見た彼女は目を輝かせながらそう言った。

「君って新商品とか期間限定品とか、そういうの好きだよね。目がないというか」

 彼女はカフェとかで新作の飲み物やフードメニューがあれば必ずそれを頼み、この前は今と同じ安納芋のアイスを買って来たり、中華まんの話をするならば別にファンでもないキャラ物のも新商品として売り出されていれば食した。食べ物だけでなく他のものに対してもそうで、ジェルボール洗剤が出た時なんかは見つけた瞬間、何これ? どんな感じなんだろう? と興味津々に手に取りカゴの中に突っ込んできた。

「新しいものってなんだかワクワクするじゃない。食べ物だったらどんな味かわからないし。期間限定品もその時じゃないと買えないから、なくなる前に買っておかないとって思っちゃうのよ」

「けど新しいものってつまりは初めてのものってことだからその分失敗だったってなることもあると思うんだけど」

「それも含めて楽しむのよ。おいしかったらまた買おう! ってなるし、おいしくなかったら、これは自分の好みと合わないからもう買わない方がいいなって学べるし。失敗は成功の元。後世の知恵の一つとなるのです」

 彼女はそう言って笑う。そのポジティブさは僕にはないもので、相変わらず眩しい。

「後世の知恵にはならないと思うけど……」

「わ、私の知恵にはなるの!」

 突っ込む僕に動揺しながらも彼女は強く主張した。

 

 

 

 

 

「おいしい?」

 家に着き二人で買ってきた安納芋まんを食べていると、彼女は僕に訊いてきた。

「君はどう思うんだい?」

「おいしいわ!」

 彼女ははっきりと満足そうな笑みを浮かべながらそう断言した。

「それはよかったね」

「それであなたは?」

「……おいしかったけど?」

「じゃあまた買いましょう」

「もし僕がまずいって言ってたらどうしたんだい?」

「そしたら次からは私だけ買って、あなたのは別のを選ぶようにします。……でもあなたは芋系は好きだからそんなことは言わないでしょう?」

「僕に食べ物の好き嫌いは特にないけど」

「けど好きな物とそこまで好きじゃない物はあるでしょう?」 

「それはまあ、そうだけど……」

 だが具体的にあれが好きだとかこれがあんまりだとかを言った覚えはない。

「あなたと何年もお付き合いしているんだもの。今まであなたと色々なところに行ったり、物を食べたり買ったりしてきたから、あなたの好みはなんとなくわかるわ」

 どうしてそんなことがわかるのか? 声にしなくともそんな疑問が表情に出ていたらしい。彼女はそう答えた。

「ふーん」

 彼女はのんびりとしているようで意外とよく相手のことを観察している。僕のことをよく見てくれているとでもいうべきか。

 なぜか気恥ずかしくなって、僕はにこにこ笑っている彼女から視線を逸らした。

 

 

 

 

 

 

END.

 

 

 

これから突発的に500〜2000字くらいの短編をポメラで書いたら、まずブログに上げていくようにしたいと思います。

 

そして後々なろうとカクヨムに「彼らの日常風景」という短編集に追加していければなと思います。(現在カクヨムのみ。ただし一遍を除き、なろうには単体の短編として掲載済み。近々カクヨムと同じようにまとめるつもり)

好きなキャラと自分の性格が似てる説について

 いつだったか好きなキャラと自分の性格は似ている云々というツイートがTwitterでRTで回ってきたことがあったような気がします。

 

ちょw その論理が通るなら私、厭世的で病んでたりするヤバい人じゃないですか!? めっちゃダークサイド!?

 

どうせならカリスマ性が欲しいな! というかハイスペックさが! とまで考えて、いや、そもそも自分が好きなキャラにも色々なタイプがいる。

 

真っ先になぜか思い浮かべてしまったキャラは違うのかもしれない。

 

もう一度冷静に、自分が好きなキャラ達を思い起こしてみようと考え、一人つらつらと誰が好きだったかな? と記憶を掘り起こしました。

 

そして結果エレメンタルジェレイドのフィロちゃん、烈火の炎の葵ちゃん、ようこそ実力至上主義の教室への櫛田ちゃんが好きな辺りは自分の性格が出ているのかもしれないという気がしました。

 

よう実はアニメと、あと原作の6巻(だったかな?)で櫛田ちゃんが自分の中学時代のことを語る場面しか読んだことがないのですが。

 

 

好きになるキャラの傾向ってワンパターンだけでなく、私には複数あるのですが、まったく似ていない、むしろ真逆だよなぁと思うようなキャラも複数いたり。

 

男キャラで好きなキャラを挙げると圧倒的に年上なことが多いです。(好きになった当時)

 

年上スキーのおかげで(?)いまだに年齢が追いつかないキャラもいたりします。

 

最近だいぶ追い越してしまうことが増えてきてはいるのですが。

 

東京BABYLONやXの星史郎さんより年上になってしまって本当に悲しかったりします。

 

話が逸れてしまいましたが、自分と好きなキャラが似てるかっていうと、私の場合は似てたり似てなかったり色々だと思ったのでした。

思考

思考することが好きです。とりとめのないことをこうかな? って想像するのが好きです。

 

正確な答えは出さずにただただ考えるのが好きなのです。

 

あんまり本やネットで調べたり他の人の考えに触れたりはしない……。

 

 

とりとめなく、色々とつらつら考えていたりするので、たまにそれを文章でブログとかで書き残しておこうかな? と思い試みるのですが、上手くいかず……。

 

というかブログの文章を書く時には上手く言い表せなくなっているという……。

 

でも文章で残しておくと後々当時何を考えていたのかとかがわかるので便利なのですが。

 

一時期めちゃくちゃ想像した物語とかでも小説とかに書き起こしておかないと忘れてしまいますしね。(小説として書いた作品が想像通りになったとは限らないのだけれども)

 

けれども色々とできる限り記録をつけていければなと思います。

 

中高生の頃、ものすごく小説を読んでいたので、その時に読書メーターがあればよかったのに! とかよく思います。

 

自分なりの書評を書いておいてもよかったかも……とも思ったり。

 

読んだけど内容をほぼほぼ忘れてしまっている作品が大半なので。

 

まあ文章に書き起こすのはなかなか手間なのですが。

 

でも残しておくと後々当時を振り返ったりするのに便利という……。

 

何回か書いていますが中学3年~高校3年にかけて日記を書いていた時期があるので、それをたま~に読み返すと当時どうだったか、忘れ去ってしまったこととか感情とかがわかって、なんだか懐かしいような変なような気持ちになります。

 

その日記には当時の現在読んでる本や図書館から借りてる本やらも記載してあって、確かにこの時、この本読んだわ! ってなって楽しかったりもします。

 

そんな感じで思考したことは忘れ去ってしまいがちなので、現在進行形なことはできる限り文章で残しておくべし! なんてつらつら考えながら、ブログを更新していくのも頑張っていきたいと思うのでした。

 

日曜日の憂鬱

 明日から平日(仕事)だと思うと憂鬱。

日曜日の夜が重くのしかかってくる原因はほぼこれです。

視聴していないけれど、いわゆるサザエさん症候群ってやつ。

あれもやりたかった、これもしたかったとか、今なら小説が書ける! ってなるのも大体日曜日の夜です。

そして寝る時間があり、翌日睡眠不足でしんどいというところまでが私のテンプレートです。

平日は仕事のストレスで寝落ちしてしまうことが多く、何もできません。

ストレスが多いと起きていられないのです。

学生時代は環境が変わった時(年度初め)とか毎年遅くまで起きてられませんでした。

まあ、自動的に眠ってしまうため、おそらく鬱には絶対にならない。(ポジティブシンキング)

せめてお風呂入ってメイク落として電気を消してベッドに入れる状態を維持したいと思う今日この頃です。

コンタクトだけは何がなんでも外すようにしないと・・・・・・。(目がやばくなる)